6月, 2013

7月 口腔外科の日

当院では毎月

日本大学松戸歯学部の口腔外科の先生による

お口の粘膜の検査や、顎の深い場所の親知らずの抜歯の

治療の日を設けています。

 

7月の口腔外科の日は12日の午後となっております。

 

 

鶴見大学 歯学部

130613_184042.jpg

昨日は午後より、

鶴見大学歯学部にて
インプラント科専修医コースに参加してきました。

当医院でインプラント手術を行っていただいている、
日本歯科大学のインプラントセンター長

高森 等先生による
「安全、安心のインプラント治療とは-口腔外科の観点から-」

という

安全なインプラント治療についての講義を聴講にて、

やはり安全の基礎にあるのは、患者様の立場にたった治療および、しっかりとした知識、技術が大切だと再認識させていただきました。

F.I.S.T

130609_160915.jpg

今日は本間輝彰先生の勉強会
「F.I.S.T」に参加させていただきました。

このコースでは、
ニューヨーク大学で診療、研究された本間先生の元、
国際インプラント学会(ICOI)の認定医を目指し、基礎から勉強させていただいています。

大変貴重なご講演ありがとうございました。

日本臨床歯科補綴学会

130608_150912.jpg

本日は午後より、

日本歯科大学新潟歯学部、教授 小出 馨 先生が行われている、

日本臨床歯科補綴学会に
参加させていただいています。

本学会は、

顎関節症
(顎の関節からくる噛み合わせの異常や痛み)
の診査診断、治療について一年間の講演、実技を学んでいきます。

今回は二年目の聴講生としての参加。

この勉強会で学んだ事を、少しでも患者様に還元できるよう頑張ります。

本日19時より
「世界一受けたい授業」に
小出教授が出演されるそうです。

ひまわりフッ素キッズクラブ

im

当医院では、お子様のフッ素塗布を無料で行う

「フッ素キッズクラブ」の会員を募集しております。

ご登録のメリット

・フッ素塗布を無料で行えます       *1

・メールアドレスをご登録の患者様には、ご希望の間隔でのお知らせメールが届きます    *2

・お知らせメールより24時間予約を行えます

*1フッ素塗布を行う前には虫歯のチェック(虫歯がある場合は治療)

塗布の効率をあげるために歯面清掃を行います。

(健康保険、子ども医療適用可)

*2お知らせメールの間隔は、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月から選択できます。

 

フッ素を塗布する事は虫歯予防にはとても効果的です。

ただ1番大切な事は、早期発見早期治療です。

乳歯の虫歯は大人の虫歯と違い進行の速さが違います。

そのため、6ヶ月から1年以上定期検査の間隔をあけると、

神経を取らなければいけない虫歯になることがあるので

1から3ヶ月の定期検査をお勧めいております。

 

虫歯にならない環境のお手伝いをさせていただきます。

 

カテゴリー
お気に入り