2月, 2014

マイナス1才からの虫歯予防

マタニティ歯科治療(妊娠中歯科治療)の目的は
妊婦さんの虫歯治療や歯周病の治療だけではありません。

これから生まれてくる赤ちゃんの虫歯予防にも・がります。

その理由は虫歯は虫歯菌の感染症だからです。

お母さんの虫歯菌の量が多いと、
その分だけお子様の虫歯になる可能性が高くなるからです。

なので、
赤ちゃんが生まれる前から、
お母さん、お父さんのお口のクリーニング、虫歯治療をしっかりと行っておけば
お子様の虫歯予防に・がります。

ぜひマイナス1才からの虫歯予防を行いましょう

カテゴリー
お気に入り