矯正歯科

1

矯正治療を専門に行っているドクターが施術を行います

矯正専門医 豊村 洋子

当院では矯正治療を専門に行っているドクターが在籍しているため、その専門的な技術を駆使した施術を行うことが出来ます。
そのため、患者様のお口の状態に合わせた的確な診断が行えることはもちろん、可能な限り痛くなく、抜歯をしたくない方には抜歯をしない矯正治療を行います。
お口の状態によってご案内できる方法は異なりますので、詳しくは一度ご相談下さい。

2

小児矯正(子供の矯正治療)

当院では小児矯正を行っています。
お子様が成長するにつれて歯並びにコンプレックスを感じることもなくなり、正常な噛み合わせを実現できることで健やかな成長を促進することが出来ます。
当院が取り扱っている子供の矯正装置に関しては以下をご確認下さい。

床矯正

床矯正とは、取り外しの出来る矯正装置を使用し、顎を広げることで永久歯が生えたときに歯がまっすぐ生えてくるスペースを確保する矯正法です。
6~11歳くらいのお子様が対象になり、1日8時間ほどの装置の装着をお願いしております。

床矯正
3

成人矯正(大人の矯正治療)

大人になっても矯正治療を行うことが出来ます。
矯正をする上で患者様が最も気にすることが、矯正治療中の見た目です。
当院では、矯正治療をしているのがわからないようなワイヤーを使用しない矯正装置も取り扱っております。
下記が当院で取り扱っている矯正装置になります。

表側(ワイヤー)矯正装置

歯の一本一本にブラケットを装着し、ワイヤーの張りで歯を移動させる矯正治療法です。
最もよく使用されている矯正装置であり、適応できる症例が非常に広いというメリットがあります。
ワイヤーが他の方から見えてしまうので矯正治療をしているのがわかってしまうというデメリットを持っていますが、当院では白いブラケットやワイヤーも取り扱っているので、可能な限り目立ちにくい矯正治療を行うことが可能です。

表側ワイヤー矯正

裏側(ワイヤー)矯正装置

歯の表側で行うワイヤー治療を、歯の表側ではなく歯の裏側で行う矯正治療法です。
歯の裏側にブラケットとワイヤーを設置するので比較的矯正治療をしているのが気づかれづらくなるというメリットがあります。
しかしその分より専門的な技術が必要になるため、表側で行う矯正治療よりも費用は高くなります。費用を下げるために、目立ちやすい上顎は歯の裏側にブラケットとワイヤーを設置し、下顎は歯の表側にブラケットとワイヤーを設置するハーフリンガルという方法もありますので詳しくは一度お問い合わせください。

裏側ワイヤー矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正治療はブラケットとワイヤーではなく、透明のマウスピースを使用して歯並びの改善を行います。
透明なので他の方から矯正治療をしているのが気づかれにくく、取り外しも可能なのでストレスを感じることが少なく矯正治療を行うことが出来ます。
当院では『アソアライナー』という国内で最も普及しているマウスピース矯正装置を使用しております。しかし、マウスピース矯正は全ての症例に適応できるわけではないので、マウスピース矯正で歯並びが改善できるかどうかはより精密な診断が必要になります。
当院では専門的な技術を持った歯科医師が在籍しているので、安心してご相談下さい。

マウスピース矯正