審美歯科

1

審美修復治療

「今口の中に入っている銀歯が白い歯に変えたい…」
「虫歯治療の後は白い歯を入れたい…」
そのようなお考えをお持ちではないでしょうか?
当院では、セラミックを始めとした白い歯の詰め物と被せ物を複数扱っております。
白い歯はお金がかかるとお考えかもしれませんが、保険でも使用できる白い歯もありますし、銀歯の再度虫歯になりやすいリスクを考えれば、トータルの費用はセラミックの方が安くなるケースの方が多いです。
白い歯をご検討されている方は、一度歯科医師にご相談下さい。

セラミック治療
2

当院で扱っている白い詰め物・被せ物の一覧

コンポジットレジン

コンポジットレジン修復
特徴 プラスチックでできた詰め物で、浅い虫歯を削った後の詰め物として使用できます。プラスチックなので、劣化に伴い変色しやすく、セラミックよりも割れやすいというデメリットがあります。
治療費用 保険適用

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック
特徴 プラスチックとセラミックの混合物で、セラミックなのにもかかわらず保険が適用できる箇所があります。詰め物やかぶせ物で使用でき、コンポジットレジンでは対応できないほど削った歯の詰め物として適応できます。

メタルボンド

メタルボンド
特徴 セラミックの裏側に金属を焼き付けたものがメタルボンドです。かぶせ物として使用し、金属を使用するため強度がオールセラミックよりも強いという特徴があります。金属を使用することから、金属アレルギーのリスクがあるのと透過性が良くないのがデメリットです。

e-max

e-max
特徴 オールセラミックであり、非常に審美性が高いのがe-maxです。詰め物としても被せ物としても使用でき、最も白い歯を実現するにはうってつけです。また金属アレルギーのリスクもありません。しかし、割れやすいという性質も持っているので箇所によっては他のセラミックの方がおすすめできる場合もあります。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック
特徴 オールセラミックでありながら、最も硬いセラミックになので審美性が高いだけではなく強度も非常に強いという特徴があります。歯ぎしりやくいしばり、噛む力が強い方によりおすすめしております。